脇

column
公開日:2016/01/20 17:45:48

あの場所にしか存在しない!?エクリン腺とアポクリン腺の違いをチェック!

臭いはフェロモン
LINEで送る
Pocket

ヒトの皮膚には、エクリン腺とアポクリン腺の二種類の汗腺があります。エクリン腺とアポクリン腺の違いを把握し、ニオイを未然に防ぎましょう。

汗をかいた時に、普段はにおわない嫌な臭いを感じることがあると思います。

 

一般的に言われている‟ワキガ”のことですね。

 

nioi

 

意外と知られていませんが、日本人の10人に1人はワキガ体質と言われています。
もしかすると、気付いていないだけで、あなたも隠れワキガの一人かもしれません

 

まずは自分がワキガかどうかチェックして、自覚することが大事です。こちらにワキガのセルフチェック法をまとめたのでチェックしてみてください。

ワキガのセルフチェック!

 

ワキガ体質の人が臭い原因は、アポクリン腺から出た汗が原因です。
ではなぜアポクリン腺から出た汗はにおうのでしょうか。
 
それは・・・

 

 “汗の性質がそれぞれ違う” 為です。
 

ではさっそく、エクリン腺とアポクリン腺の性質の違いを見てみましょう。

 

 

 

エクリン腺(小汗腺)

エクリン腺はほぼ全身の肌に分布しています。1平方センチに100個以上もあり、肉眼では見ることのできない小さな汗腺です。

 

エクリン腺から出る汗の99%以上が水分で、残り1%以下に塩分や尿素、アンモニアが混ざっています。

 

その為、エクリン腺から出る汗は通常サラッとして、においがほとんどないのが特徴です。

 

 

 アポクリン腺(大汗腺)

アポクリン腺は、脇の下や足の裏、乳首(乳輪)や陰部(性器周辺)、肛門の周りや耳の中(耳の後ろ)など、特定の部位だけに分布しており、毛穴と出口が同じなので大きな汗腺になっています。

 

この部位はよく臭いなっと思う箇所ですよね。
乳首や乳輪は分かりにくいかもしれませんが、女性の方はヌーブラをしたあとに嗅いでみるとワキガ臭がすることがあります。

ヌーブラを着けた際はぜひチェックしてみてくださいね。

 

アポクリン腺から出る汗はアルカリ性で、70%~80%の水分と、タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・プルビン酸・色素リポフスチン・鉄分などを含んでいます

 

その為、アポクリン腺から出る汗はやや粘り気があり、においを放ちやすくなる汗が特徴です。
アポクリン腺から出る汗がにおっていると勘違いしやすいのですが、実は、塩分をほとんど含んでいない為、皮膚の常駐菌が繁殖しやすくなることで、ワキガ独特のにおいが発生するのです。

 

ではなぜアポクリン腺から汗がでるのでしょうか。

エクリン腺から出る汗は下記のような生理的な汗であることがほとんどです。
誰しもが日常的に体感している汗ではないでしょうか。

 

“温熱性発汗”
私たち人間は、体温を一定に保つために汗をかいて体温調節をしています。
主に運動して暑くなったときや熱が出たときなどにかく汗です。

逆に、寒いときにかく汗には、自律神経の乱れやホルモンの乱れなどさまざまな原因が考えられます。

また寒いからといって、厚着すると体が熱くなり汗が出る環境を自らつくってしまうことになります。
通気性の良い服を着たり、暑いときには脱げるような服装を着るように気を付けましょう。

 

“精神的発汗”
ストレスや緊張、驚いたときなどに交感神経が緊張し、主に手のひらや足の裏、脇の下など局部に汗をかきやすくなります。
汗をかいたことにより、また緊張したり焦り、さらに汗をかいたりするのも精神的な汗になります。

緊張したときはリラックスするのが一番ですが、難しい場合は汗をかいても気にしないようにすることが、さらに汗をかかないポイントになります。

 

“味覚性発汗”
辛いものや熱いものなど刺激の強い食べ物を食べた時などにかく汗のことです。額や鼻、唇の周囲、首によくかきます。
辛いものや熱いものを食べるときには、大豆製品や女性ホルモンの多い食物を一緒に摂るとよいとされています。難しい場合には、手軽に摂れるサプリを飲むようにしましょう。

 

上記のエクリン腺と比べて、アポクリン腺の役割は、体温の調整ではなく体臭の原因となるにおいのある物質を作り出すことにあります。

 

 

アポクリン腺からのにおいはフェロモンだった

 

臭いフェロモン

 

アポクリン腺から出る汗は、元々は異性を惹きつけるフェロモンの役割を果たすものでした。

動物は種の存続と遺伝子の偏りを防ぐため、自分とは違うにおいに惹かれる本能をもっています。相手を確認するための手段が“におい”というわけです。アポクリン腺のある部位が性的な部位に集中しているのも、そのためです。

このように、アポクリン腺からのニオイは性的にたいへん刺激的であり、子孫を残し、生存を続ける上で重要な意味をもっていました。

 

臭いはフェロモン

 

つまり、臭いがでやすいのは異性を意識したときSEXをする時などです。
異性を意識して緊張しているときなんかもそうです。

 

通常緊張するときはエクリン腺から汗が出ますが、そこに異性がいる、見られているなどと思うとアポクリン腺からも汗が出て、しかもエクリン腺からも大量に汗が出るので臭いが広がりやすくきついわきが臭が発生してしまいます。

 

こればかりは避けられない問題ですので、しっかりと臭い対策をし、焦ることなく急なお誘いにもリラックスした状態で過ごせるようにしましょう。
手術も大事ですが、まずは正しいやり方でしっかりとワキガ対策をしていきましょう。