脇

column
公開日:2015/09/17 06:15:15

ワキガの原因症状まとめ*緊張とストレスでさらに激臭に!?

LINEで送る
Pocket

電車でにおってくるワキガ臭。においがしない人と何が違うのか気になりますよね。ワキガの原因や、ワキガの症状を特徴としてまとめてみました。

 

ワキガの症状チェック

 

ワキガと一口に言っても、汗のにおいのような気もするし、自分がワキガかどうかよくわからないという方もいるのではないでしょうか?次のワキガの症状をチェックして自分がワキガかどうか確認しておきましょう。

 

ワキガニオイチェック

 

●耳あかが湿っている、ベタベタしている
●家族にワキガがいる
●汗染みが黄色い
●汗のにおいが玉ねぎ、鉛筆の芯、酸っぱいというよりも重たいにおい
●ワキ汗が凄い
●脇毛を抜いたり脱毛した
●毛深く、1つの毛穴から2〜3本生えている
●ストレス、緊張を感じる事が多い
●食事が油物やお肉に偏っている
●月経前(生理前)などになるとにおいがきつくなる
●筋力増強や代謝アップの為のサプリメントを飲んでいる

 

これらがワキガかどうかのラインになります。通常の汗は酸っぱいにおいがするのですが、ワキガの場合、粘っこい汗が大量に出る為、においも少し重たいなんとも言えないにおいがします。

 

電車やエレベーターといった公共の密集場所で「…臭い!?」と思う事があるでしょう。あのにおいです。

 

ワキガの原因

 

自分がワキガかも知れないと悟った方、原因は何だと思いますか?単にワキガと言っても、そんなにワキにおわないけど?という方から、顔をすぐにでも背けたくなる方と個人差が見られます。

 

汗をかく量の問題ももちろん関係していますが、1番の原因はアポクリン腺と呼ばれる特別な汗腺です。

 

遥か昔、アポクリン腺からフェロモンを出して異性を引き寄せる為に発達した汗腺になります。そのため、アポクリン腺の場所は人体でも限られたところにしか存在しておらず、耳の穴、ワキ、乳首、陰部、肛門部分です。いかにもフェロモンを出していそうですよね。

 

ワキガの原因

 

現在でも汗や体臭のにおいで、遺伝的に引き寄せられている事はありますが、昔に比べて嗅覚が発達した分、ワキのにおいを”臭い”と感じるようになった事で、人が不快と感じる人をワキガと呼ぶようになったのです。

 

では、個人差があるのはどうしてかといいますと、このアポクリン腺が多いか・少ないかが原因になります。ワキガの手術写真を見れば分かるのですが、ポツポツとしたアポクリン腺がビッチリ点在しているのが目視で確認出来ます。

 

嗅覚に合わせてアポクリン腺も退化しつつあるものの、名残を惜して多く存在している人と、対して発達していない人に分かれるのです。

 

本来なら異性を引き寄せる為のフェロモンであったのにも関わらず、逆に異性から逃げられる可能性があるフェロモンになるなんて、昔の人は思いもしなかったでしょうね。

 

汗がにおう仕組み

 

汗自体は出た瞬間は無臭です。お風呂から上がって1秒後には臭い、というかたは今のところ聞いた事がありません。お風呂から上がって、髪を乾かしきった時、もうワキガのにおいがする…そういう方ならいらっしゃいます。

 

これは、汗が臭うメカニズムとして、肌に潜む潜在菌が汗や皮脂、垢を食べる時ににおいが出るからです。お風呂で洗ったあとですと、さすがに菌の活動はほとんどありません。しかし、時間が経つにつれて、汗などを食べてにおいを放ち始めます。

 

ワキガの原因_アポクリン腺

 

においを発する潜在菌も原因の1つですので、汗を拭き取っても、汗とともに潜在菌が衣類にお引っ越ししてしまうと、肌はにおわなくても、繊維の中で潜在菌が分解&増殖を繰り返し、ずーっと臭い状態が続きます。臭いだけでなく、時間が経つとさらにそのにおいがきつくなっている事があります。 

 

ホルモンでワキガの臭いは左右される

 

ワキガはアポクリン腺が原因とはいえ、その働きはホルモンの働きでも左右されます。たとえば、小さい子供から汗臭いにおいはしても、ワキガのにおいはしませんよね。

 

中学を上がった頃から、段々とワキガの自覚を持ち始める人がいます。これは、小さいうちはまだアポクリン腺がしっかりと出来上がっておらず、カラダが成熟するに連れて段々とアポクリン腺がしっかりと形成されて行くからです。ある意味大人の階段を登ったということですね。

 

ホルモンで臭いが変わる

 

さらに、女性に関しては、排卵日や生理前などホルモンバランスが乱れやすい時期ににおいがきつくなる傾向があります。

 

男性も毛が濃い人は男性ホルモンが多い証ですが、ホルモン量が多い事でアポクリン腺を刺激する事があります。筋トレの一貫でホルモン剤やサプリメントなどを接種することで、においがより一層きつくなる男性もいます。

 

どちらも年齢を重ねるに連れて減少はしていくホルモンではあるのですが、女性に関しては閉経後、一時的に男性ホルモンが増える事で”男性化”する事があります。毛が濃くなったり、声が低くなったり、皮脂が多くなったりするのです。

 

その内の一つに、ワキガのにおいが強くなる場合があります。これも個人差がありますし、更年期障害対策に力を入れている女性であればあまり影響はないでしょう。

 

ストレス、緊張には要注意

 

商談、学校行事、発表会、試合、プレゼンテーション、デート、SEX、人間関係、プレッシャー…生きていると様々なストレスや緊張に関わる事が多いですが、こういうとき、人間の汗は極端に粘り気を強くし、においをきつくさせます。

 

もともとアポクリン腺から出る汗は粘り気があるのですが、ストレスや緊張を感じると、さらにサラッとした汗ではなく、まとわりつくようなしっとりと、ベタベタした汗がでます。この汗をかくと、普段におわない人でさえいつもと違うにおいがすると感じるようです。

 

ストレス_ニオイ

 

ようは気持ちの問題でもワキガは余計にくさくなるんです。電車に乗ったとき、好きな人が隣に来た時、緊張してこう思ってしまいますよね。

 

”汗がにおったらどうしよう!!”…と。

 

完全にアウトです。思うなという方が難しい問題ではありますが、こういった場面では、いつも以上ににおいがきつくなってしまう事は自覚したうえで、しっかりとケアを行って行きましょう。

 

ワキガの人は注意したいあそこのにおい

 

ワキガの方は、どうしてもワキだけににおいがしていないか集中しがちです。

 

確かに、カラダのアポクリン腺の中で一番発達しているのはワキになります。ですが、アポクリン腺は他にも存在している事は前述しましたね。

 

ワキガのレベルが高ければ高いほど、乳首や陰部のにおいも、他の人よりもきつくなっている可能性がある事を知っておきましょう。

 

乳首であれば”チチガ”、陰部であれば”すそわきが”と呼ばれています。

 

とくに陰部はSEX時に急ににおいがきつく感じられる方も多いようですが、フェロモンをだしているのがアポクリン腺ですので、ある意味正常に働いているとポジティブに考えてもいいかもしれません。

 

とはいえ、ワキガに比べると、陰部などのアポクリン腺はそこまで発達はしていないので、重度のすそわきがの方は比較的少ない方かと思われます。

 

以上がワキガの仕組みと原因になります。
しっかりと原因が分かれば、自分でも対策が取りやすくなるため、覚えておきましょう。